2016年 7月31日 日曜日     と 8月21日 日曜日

支援学校在学生対象の「お仕事体験」と実施しました

 

お仕事体験参加者   18名

支援学校高等部1~3年(延岡しろやま支援学校 日向ひまわり支援学校)

説明会参加者     ご家族及び支援学校教員の方々30名

 

今回は支援スタッフとして九州福祉保健大学からもボランティア参加をして頂きました

 

8:30には全員集合!!!\(^o^)/

みんなで朝礼をして、元気に作業場へ

フェイスタオル バスマット  バスタオル・・・え!ガウンもあるの(@_@)

それぞれグループごとにスタッフの支援を行い、全員無事に取り組むことができました

 

2015年と2回目になる「お仕事体験」ですが、今回は

九州福祉保健大学からも支援員として参加をして頂き、支援方法を一緒に学ぶことにも繋がりました。

 

昨年同様、支援学校卒業後の進路についてもご家族に話をさせてもらい、ご家族も将来について一緒に考えていきましょうと投げかけさせて頂きました。

 

学校から地域へ

学年や年齢だけでなく、環境が大きく変わる前にどんな準備が必要なのか、どれだけ変わっていくのかを知っておくことも必要だとご家族からの感想も頂きました。

 

夏休みの時間を使って、体験してくださった児童さん  ありがとうございます

日曜日の時間を使って、協力してくださったご家族の方々  ありがとうございます

 

みなさんの将来に、少しでも良い経験になれば 嬉しいです(^◇^)

 

 

また、会いましょう\(^o^)/

 

 

 

 

3時間程の作業を終えて、少し疲れが出てきたところで終了

 

礼をする時には、なんだかみなさん元気な(^^)v

一人ひとりに工賃を渡して「お疲れ様でした」